パンフレット専科HOME > 埼玉導入事例-04

MENU

作成のポイント

デザイン制作実績

作成の目的と用途

ブランディング・CI

ご利用ガイド

セミナー開催情報

アイム企業広告・広報戦略セミナー
小セミナー&個別相談会

只今募集中のセミナー

経営者・法人営業・
マーケティング担当 必見!

営業・集客効果の

会社案内・
パンフレット作り

事例研究小セミナー
in 赤坂

4月24日(火) 詳しくはこちら
経営者・法人営業・
マーケティング担当 必見!

営業・集客効果の

会社案内・
パンフレット作り
【大阪開催】

事例研究小セミナー

2月23日(金) 詳しくはこちら
人事・採用担当者
必見!

2019新卒採用

採用戦線に「勝つ」
採用ツール作り
【東京開催】

事例研究小セミナー
in 赤坂

11月29日(水) 詳しくはこちら
人事・採用担当者
必見!

2019新卒採用

採用戦線に「勝つ」
採用ツール作り
【大阪開催】

事例研究小セミナー

11月24日(金) 詳しくはこちら
Web・広報担当者
必見!

成功する

Webリニューアル
の秘訣

事例研究小セミナー
in 赤坂

4月26日(木) 詳しくはこちら
Web・広報担当者
必見!

WEB担当者のための

ホームページ制作
フロー講座

WEB知識向上セミナー
in 赤坂

2月07日(水) 詳しくはこちら
サテライトサイト

横浜・埼玉等サテライトオフィス個別ページです。パンフレット・カタログ・Web作成をサポート。

  • パンフレット専科|銀座
  • パンフレット専科|横浜
  • パンフレット専科|さいたま
  • パンフレット専科|吉祥寺
個人情報保護認証サイト

パンフレット専科|さいたま

SAITAMA

さいたまの企業様を
会社案内・パンフレット・Web制作で支援

BACK04 埼玉導入事例-03

会社案内のリニューアルをはじめ、製品パンフレット・製品総合カタログ・Webサイトまで、
統一キービジュアルの策定により、ブランディングデザインを実践した制作導入事例です。

05 【埼玉導入事例-04】株式会社白川製作所様/戸田市

お客様のリクエスト・ニーズ

内初の脱湿装置を開発した同社様。この業界ではパイオニア的な存在で、世界40カ国以上の取引実績があるにもかかわらず、現状の会社案内、製品カタログやWebは、その実力をきちんと表すものにはなっていない。むしろ存在するだけのもので、機能性や効果を求めるには程遠いものである。また7タイプある脱湿装置の既存カタログはデザインや形式がバラバラで、全く統一性がなく、営業ツールとしては大変使い勝手が悪い。一方グローバルな取引実績にもかかわらず、ホームページも日本語版のみで、海外ユーザのアクセスには対応できていない。今回以上の要件を大きく改善し、会社の実力に見合ったカタログやホームページに大きく見直ししたい。

AEMのソリューション

これまで媒体ごとに制作会社が変わり、形式やブランドイメージの統一が図られなかったことに対する対策から、まず同社様の製品技術力の高さや信頼性を確立するため、ビジュアルのイメージ統一を図ることとした。

ブランディング・キービジュアル

同社様の主力製品である、脱湿装置がもたらす気体のイメージを、やわらかい曲線とグラデーションで表現。これを統一キービジュアルとして、各媒体へ展開することとし、ブランドイメージを定義した。

パンフレット
パンフレット+Webサイト

会社案内

会社案内は全面に策定したキービジュアルをあしらい、常に同社様のシンボルとして存在し続けるポリシーを持たせた。

会社案内

製品総合カタログ

製品総合カタログでは脱湿装置をカテゴリ毎に基本カラーを設け、カテゴリや特長毎に分類。それを紙面の右端にインデックスとして配置し、ユーザの見たい情報、目的の製品にスピーディに行き着く検索性を高める工夫を行った。ちなみに、これまでのカタログには全く存在しなかった機能である。

製品総合カタログ

製品パンフレット

個別製品の詳細情報を個別の製品パンフレットとして、8種類を1枚のペラパンフレットとして制作することを提案。前述の通り、必要に応じて、バインダーに総合パンフレット本体と共に製本でき、営業的に様々なシーンで効果的な運用が可能となるよう考慮した。

製品パンフレット

コーポレートホームページ

まずはオフィシャルサイトとして、
1.同社様の製品ブランド力の高さ、グローバル取引実績に見合ったサイトクオリティに一新すること
2.海外取引も多くの実績を持つため、さらにそのビジネスチャンスを拡大すべく、英語版ページを提案
3.カタログなどの紙媒体との統一ブランドイメージ、キービジュアルをベースにすること
以上の要件を軸にサイト設計を行った。
さらにサイトコンテンツの設計として、特に同社様の環境への効果が高い製品ラインナップからして、CSR情報や環境への取り組みなど、企業姿勢を大きくアピールすることとした。
またメインコンテンツである情報製品へは、複数の導線を設け、検索性をさらに高めた。
総合カタログ、個別製品パンフレットのPDFダウンロードも可能とし、ユーザの手許への情報入手の利便性 を高めた。

コーポレートホームページ
コーポレートホームページ
BACK04 埼玉導入事例-03