パンフレット専科HOME > POLICY > クリエイティブポリシー

POLICY TOP

クリエイティブポリシー

「お客様への約束」

パンフレットやカタログづくりをするにあたって、
弊社ではよく、
「御社の差別性、取扱う製品やサービスの強みは何でしょう?」
とお聞きすることがあります。

弊社からの問いかけに、明快にお答えいただく企業様と、
いざ改まって聞かれると、
意外に自社のことをきちんと語れない企業様がおられます。

ではパンフレットやカタログづくりをするのに、
なぜ企業や製品の強みに言及する必要があるのでしょう?

実は強みというのは、須らく様々な目的に重要な要素と弊社は考えます。
それは営業的だけでなく、
ブランディング、採用、企業価値向上、マーケティング、
といった明確な目的だけではなく、

先進的デザインでカッコよく、
売上に貢献できる、
他社に負けたくない・・・、

などといった抽象的で情緒性の高い要求でも、
その行きつくところは、
企業やサービスのウリや特徴をネタに、
マーケットやあらゆるシーンでの他社や競合との違い、
いわゆる「差別的優位性」をコンテンツとして、
パンフレットやカタログで表現すること。
その結果ターゲットユーザに御社が選ばれる、
また好感をもたれる機会を創出することだと考えます。

自社の強みを明快にお持ちの企業様、
また説明が今一つという企業様も含め、
その強みをストレートに表現してもユーザは振り向いてくれません。
またその次にくるべき、アクションは起こしてくれません。

御社の強みを引出し、
ターゲットユーザのインタレストやインサイトに刺さる表現・デザイン、
一度ここはぜひ、私どもにお任せいただきたいと思います。

必ずや合目的なパンフレット・カタログ・ブランディング・WEBという、
アウトプットを「お約束」したいと思います。

最高経営責任者CEO 兼代表取締役社長 村田 明英